一面に広がる緑のじゅうたん―。つがる市木造館岡の野呂誠一さん(77)のガラスハウスで栽培している水菜が出荷のピークを迎えており、野呂さんらが収穫や箱詰め作業を行っている。
 収穫した水菜は主に県内に出荷される。
【写真説明】盛んに行われている水菜の収穫作業

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。