津軽地吹雪会(角田周代表)の地吹雪体験が3日、五所川原市金木町で始まった。初日は県外の観光客ら19人が訪れ、角巻きやかんじきなど昔ながらの装いで雪原を歩き、津軽の冬の風景に触れた。体験は19日まで。
【写真説明】角巻き、もんぺ、かんじき姿で歩を進める参加者たち。雪原の感触に喜びの声を上げた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。