飲食事業を展開する弘前市境関1丁目の「スイーツ・ワールド」は、県産を中心とした国産野菜を使う「加熱超急速冷凍カット野菜」の製造・販売事業に乗り出した。同社が全国販売している新食感アイス「北の綿雪」の製造技術を応用する。規格外野菜の活用や地産地消の推進、食の安全・安心の観点から着手。昨年11月に社内に「フローズン・ベジタブル事業部」を立ち上げ、先月中旬から販売を本格化させた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。