弘前市の岩木ライオンズクラブ(村上岩男会長)は2日、高校受験などを控える同市の津軽中学校(小野博一校長)の3年生80人にオリジナル絵馬を贈った。生徒らは志望校合格など、それぞれの目標を書き込み、意気込みを新たにした。
 寄贈は今年で8年目。2011年に津軽絵馬研究会が始め、翌年から同クラブが引き継いだ。絵馬はねぷた絵師八嶋龍仙さんによるもので、岩木山をかたどった板にお山参詣の衣装を着た子どもが描かれており、地元らしさを生かしたデザインとなっている。
 絵馬は今月中旬ごろまでに、常盤野中学校3年生の1枚と合わせて計81枚が同市の高照神社に奉納される。
【写真説明】受験への意気込みや将来の夢を絵馬に書き込んだ生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。