果肉の赤いリンゴ「黒石1号」を活用した試作品発表会が31日、黒石市の松の湯交流館で開かれた。洋菓子をはじめ、カレーや染め物など全部で12種類の作品が披露され、関係者が黒石1号の可能性を探った。
 発表会では、コンポートを使ったケーキやワッフル、セミドライフルーツのチョコレートがけ、煮汁を利用して染めたストールなど12種類がお披露目。リンゴ農家ら関係者は菓子などを試食し、味や色を確かめて黒石1号の加工用果物としての可能性を吟味した。
【写真説明】黒石1号のレアチーズスイーツ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。