30日の県内は、冬型の気圧配置が続き、津軽と下北を中心に日中は断続的に雪が降り続いた。青森市内では昼に90センチを超える積雪となり、交通機関に乱れも生じた。
 31日の県内は、日本海を進む低気圧や気圧の谷の影響で、津軽では曇りや雪となり、夕方には雷を伴う所もある見込み。
【写真説明】青森市内では断続的に雪が降り続き、傘を差すなどしてしのぐ市民の姿も見られた=30日午後3時ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。