県内の17私立高校で29日、一般入試の願書の受け付けが一斉にスタートした。同日午前から、各校窓口には願書を手にした中学校教諭らが次々に訪れ、担当者が書類の確認対応に追われた。締め切りは2月2日。
 県教育委員会の進路志望状況の第2次調査(昨年12月13日現在)によると、私立高校は募集人員3955人に対して1881人が志望しており、倍率は0・48倍。試験は2月14日、合格発表は同21日に各校で行われる。
【写真説明】中学校の教諭から受け取った入学願書を入念に確認する担当職員ら=29日、柴田女子高校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。