県広報広聴協議会(会長・関和典西目屋村長)が主催する2018年県広報コンクールの審査結果が29日、発表され、広報紙部門(総合の部)で弘前市の「広報ひろさき」(3月1日号)が最高賞の特選に選ばれた。弘前市の特選は4年連続。準特選には鶴田町の「広報つるた」(10月17日号)が選ばれた。
 今回は広報紙部門に17点(市部7点、町村部10点)、写真部門に40点(一枚写真の部22点、組み写真の部18点)、映像の部に3点の応募があり、23日に審査が行われた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。