雪景色の弘前公園を駆け巡る「弘前城リレーマラソン冬の陣」が28日、同公園内の特設コースで行われた。抜けるような青空の下、県内外から集まったランナーたちが雪上で健脚を競い合った。
 同日は県内外から39チーム約400人が参加。同公園のレクリエーション広場をスタートし、護国神社前を通って波祢橋(はねばし)で折り返す約1キロのコースで、制限時間3時間内の周回数を競った。
 上位入賞を狙って力走するチームもあれば、着ぐるみやかぶり物などを身に着けて観衆を沸かせるチームもあり、ランナーたちは思い思いに走りを楽しんでいた。
【写真説明】青空の下、雪化粧した弘前公園内を駆け巡るランナーたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。