弘前市の自得小学校(小田桐有為子校長)は26日、同校体育館で毎年恒例の「自作ずぐり大会」を開いた。全校児童85人がそれぞれ手作りした自慢のずぐりを勢いよく回し、回転する時間で勝敗を競った。会場には保護者や地域住民らが集まり、熱い戦いを繰り広げる児童に声援を送った。
【写真説明】自作のずぐりを勢いよく回す児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。