弘前市沢田地区で450年近く続くとされる奇習「沢田ろうそくまつり」が3月2日、沢田神明宮境内で開かれる。まつり実行委員会(三上優一会長)は27日、市中央公民館相馬館で全体会議を開き、関係者約30人が当日の進行や役割分担を確認した。今年のメインテーマは「繋(つながり)」で「人と人、地域と地域、昔と今と未来がつながり、助け合い支え合うつながる社会にしたい」との願いを込めた。
 まつりの問い合わせは、市相馬総合支所(電話0172―84―2111)へ。
【写真説明】3月2日に開かれる「沢田ろうそくまつり」のポスター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。