28日に投開票が行われる平川市長選は最終盤。現職で再選を目指す長尾忠行候補(68)=無所属、自民・公明推薦=と、新人で元市議の山口金光候補(68)=無所属=が激しい舌戦を繰り広げている。期日前投票の投票者数は前回選を大幅に上回っているが、両陣営とも一層の浸透を図ろうと、最終日の27日も市内全域をくまなく回り、市政の継続、刷新をそれぞれ訴える。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。