26日の県内は、上空に居座る寒気の影響で強い冬型の気圧配置が続き、全域で厳しい寒さに見舞われ3日連続の真冬日となった。津軽と下北を中心に雪が降り、そのため交通機関にも乱れが生じた。27日は寒気がやや緩むものの、引き続き真冬日となる見込み。
【写真説明】晴れ間がのぞき、雪かきに励む市民らの姿が見られた=26日午後1時30分ごろ、弘前市内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。