25日の県内は、前日から上空に入り込んだ強い寒気が居座り、全域で厳しい寒さに見舞われ2日連続の真冬日となった。強風を伴う雪の影響で交通機関に乱れが生じたほか、一部地域で停電も発生した。26日は次第に寒気が抜けるものの、引き続き津軽地方では所によりふぶく見込みで、青森地方気象台では注意を呼び掛けている。
 同気象台によると、県内の全観測地点で真冬日を記録。津軽や下北を中心に冷え込みが厳しく、五所川原市(氷点下9・7度)など、23観測地点中9地点で今季最低を更新した。弘前市の最低気温は氷点下9・3度、平川市碇ケ関は同12・1度で、いずれも今季2番目の低さ。日中も気温が上がらず、弘前市の最高気温は同3・3度にとどまった。
 冬型の気圧配置は27日まで続き、厳しい寒さが継続する見込み。
【写真説明】雪片付けに追われる市民ら=25日午前10時40分ごろ、弘前市内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。