県の2018年度当初予算案の知事査定が25日、始まった。対象となるのは各部局の重要案件など153事業。18年度は県基本計画の取り組み最終年度に当たり、三村申吾知事は「総仕上げの年であり、次のステージにつながっていく予算にしたい。人口減少などを含めて諸課題に真っ正面からぶつかっていく予算に仕上げたい」と述べた。知事査定は30日まで。
 当初予算案は2月20日の公表を予定。同23日開会予定の県議会定例会に提出される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。