23日の県内は、日本海側の低気圧の影響で冬型の気圧配置が強まり、津軽地方では一時的にやや強い風が吹いたほか、湿った雪やみぞれに見舞われた。24日以降は冬型の気圧配置が強まり、この先一週間は真冬日が続く見込みとなっており、青森地方気象台は警戒を呼び掛けている。
【写真説明】湿った雪が降る中を歩く市民ら=23日午後4時5分ごろ、弘前市駅前

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。