東京ドーム(東京都文京区)で25日から開催される、世界最大級のキルトの祭典「東京国際キルトフェスティバル」に青森市のキルト作家五戸修美さん(58)と、生徒約40人が制作した作品が会場特設スペースに展示されることになった。「北欧 森の妖精トムテ」を題材に、2年がかりで仕上げた、パッチワークキルトによる妖精の愛らしい姿が来場者の興味を誘いそうだ。
【写真説明】出展の目玉作品となる「メリーゴーラウンド」=写真上、春の「花祭り」を題材にした作品=写真下(五戸さん提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。