地域の防災力向上に向け、県と弘前市は22日、自主防災体験研修会を弘前市民会館で開いた。参加した市内の町会役員ら約50人は風水害や地震を想定した図上訓練や講演などを通して、自身が暮らす地域の危険箇所や避難先などを改めて確認するとともに、平時からの備えの大切さを学んだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。