任期満了に伴う平川市長選が21日、告示された。現職で再選を目指す長尾忠行氏(68)=無所属、自民・公明推薦=と、元市議で新人の山口金光氏(68)=無所属=が立候補を届け出て、一騎打ちの選挙戦がスタートした。長尾候補は平賀地区、山口候補は尾上地区を皮切りに、碇ケ関地区を含めた3地区を精力的に回り、目指す平川市の将来像などを訴え、投票日の28日に向けて激しい舌戦を繰り広げた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。