任期満了に伴う平川市長選が21日に告示され、届け出を済ませた2候補が投票日の28日に向けて舌戦をスタートさせた。市政の継続か、刷新かを選ぶ有権者らは、両候補が市の将来に向けてどのような政策を打ち出すのか注目し、それぞれの主張を聴いて吟味していた。中には、2014年の前回選をめぐる選挙違反事件を思い起こし、クリーンな選挙を改めて求める市民も見られた。
【写真説明】雪が降る中で候補の演説に耳を傾ける有権者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。