任期満了に伴う平川市長選は21日に告示され、28日の投開票に向けた選挙戦に突入する。現職で再選を目指す長尾忠行氏(68)=無所属、自民・公明推薦=と、同市議で新人の山口金光氏(68)=無所属=の一騎打ちが確定的となっており、大型建設事業をめぐる市の財政計画を主な争点とする選挙戦の火ぶたが切られる。
 市長選の立候補届け出は21日午前8時30分から午後5時まで、市役所本庁舎4階第4会議室で受け付ける。第一声は、長尾陣営が市商工会館前で、山口陣営は同市原富の選挙事務所前で、ともに午前9時ごろから行う予定。
 期日前投票は22~27日に市役所本庁舎1階(午前8時30分~午後8時)、尾上総合支所1階、碇ケ関総合支所1階(ともに午前8時30分~午後6時)、イオンタウン平賀(午前10時~午後7時)の4カ所で受け付ける。23、24日は葛川支所(午前9時~午後4時)でも投票できる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。