21日に告示される平川市長選を前に、立候補予定者による公開討論会が19日、同市文化センターで開かれた。立候補を表明している現職の長尾忠行氏(68)と、平川市議の山口金光氏(68)が出席し、争点となっている新本庁舎などの建設事業費の在り方や子育て支援の方法論について論戦を交わした。この日は市内の有権者ら230人(主催者発表)が集まり、双方の主張に耳を傾けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。