100年以上の歴史を持つ料亭で構成する百年料亭ネットワークのモニターツアーの一環として、台湾の旅行エージェントたちが19日、本県唯一の会員料亭「富士見館」(黒石市)を視察した。エージェントたちは「黒石ねぷた祭りや黒石よされは台湾人にとって魅力になるのでは」と、黒石への誘客に手応え。格安航空会社の増便などで台湾をはじめアジア系の訪日外国人客(インバウンド)が増加傾向にある中で、インバウンド政策に力を入れる同市の追い風となることに関係者は期待を募らせている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。