青森市で開かれる3年に1度の芸術祭「AOMORI トリエンナーレ 2017」が20日、開幕する。これに先駆け、19日は会場の一つである青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)で、関係者らを招いた内覧会が開かれ、招聘(しょうへい)アーティストが自らの作品の魅力を紹介した。今回は「PRINT」を共通テーマに、2部門の作品を3会場で展示するほか、市内各地で関連イベントを予定している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。