青森市の小野寺晃彦市長は17日、市中心部の旧青森操車場跡地(青い森セントラルパーク)に、スポーツやコンサートなど多様な催事に利用できる体育施設を整備する方針を明らかにした。昨年末に市内在住の個人から20億円の寄付があり、一部を整備費用に充てるという。2018年度に「市アリーナ検討委員会(仮称)」を設置し、具体的な検討を進めていく。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。