板柳町のボランティア団体「板柳町9・1―2会」(佐藤洋治会長)は16日、板柳中学校(橋幸治校長)の3年生149人に、栽培した絵入りの「合格リンゴ」を贈り、受験生を励ました。
 同会は1973年9月1、2日に開かれた県青年大会板柳大会でスタッフを務めた町青年団で組織する。贈呈は地域を担う青少年を励まそうと始まり今年で33回目「祈合格」の文字と矢が的に命中する絵が入ったリンゴを贈っている。
【写真説明】会員から合格リンゴを受け取る板柳中生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。