弘前市は15日、市が整備・運営の主体を担うとする中核病院構想の具体化に向け、医療系コンサルタントなどへの業務委託料817万4000円を含む関連経費978万3000円を追加する、2017年度一般会計補正予算案と、付属機関「弘前市地域包括ケア検討委員会」の設置に係る条例改正案を、31日に開かれる市議会臨時会に提出すると明らかにした。市の構想をめぐっては市議会でも賛否両論あり、今後の議論の行方が注目される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。