「弘前大学深浦エコサテライトキャンパス」の公開講座が12日、深浦町の町民文化ホールで開かれ、弘大の学生たちが自ら考えた町内の観光ルートを発表した。会場では、マップに記されたコードをスマートフォンで読み込むと動画などを再生できる「新感覚観光マップ」も紹介された。
 マップの一般への配布については現在検討中という。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。