有期契約労働者が同じ職場に勤め、契約期間が通算5年間を超えると、無期契約に転換できる「無期転換ルール」の申し込みが、今年4月から本格化する。企業は社内規定の整備の前に、転換後の雇用形態の検討が不可欠。青森労働局への問い合わせが増えているが、同局は「まだルールが浸透していない」としている。対応には一定の時間を要するため早期に着手することが求められる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。