最年少棋士の活躍、羽生善治2冠の永世7冠と国民栄誉賞受賞決定と、明るい話題が続く将棋界。全国一のアマチュア大会数を誇る県棋界は現在、指導者不足に悩まされている。将棋を教える場やルールを知らない入門希望者の増加に“供給”が追い付かない状況が顕在化。県将棋連盟や各支部の熱意、保護者の協力、プロ棋戦開催などによって築かれた盛り上がりが、今後も続くと予想されるだけに関係者はジレンマを抱えている。
【写真説明】子どもたちに大盤を使って教える城下町弘前支部の武林史朗さん=弘前市のめん房たけや

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。