弘前市の公共フロア「ヒロロスクエア」の来場者が13日、オープンから200万人に達した。市内から訪れた森田翼ちゃん(2)が葛西憲之市長から認定証と記念品のおもちゃを渡されると喜びのあまり?“大泣き”。来場者を和ませた。
 ヒロロスクエアは2013年7月27日、ヒロロ内にオープン。無料の遊び場やプレイルームを備えた「駅前こどもの広場」は親子連れに人気があるほか、土日も利用できる総合行政窓口、体を動かす健康教室などがある。
【写真説明】200万人目となり、“大泣き”の翼ちゃんに認定証を手渡す葛西市長(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。