日本各地のおいしい食べ物と祭りが集う「ふるさと祭り東京2018」が12日東京ドームで始まった。10周年の節目を迎えた今回は五所川原市の大型立佞武多「纏(まとい)」が出陣、高さ23メートル、重さ19トンの巨体が観客を圧倒した。祭りは21日まで。
 ふるさと祭りへの立佞武多の出陣は5年ぶり3回目。この日は平山誠敏市長が「8月4日からの本番にも来てもらいたい」と呼び掛けたのに続き、「ヤッテマレ、ヤッテマレ」の掛け声で「纏」が動き出し、観客は写真を撮るなどしながら盛んに拍手を送った。
【写真説明】観客を圧倒した五所川原市の大型立佞武多「纏」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。