黒石市の津軽こけし館で、雪の上で回すこまとして親しまれる津軽地方の伝統玩具「ずぐり」の製作がピークを迎えている。
 同館で販売するずぐりは、直径7・5センチと同9センチの2サイズで、形・模様ともに2種類ずつ用意。価格は形・模様にかかわらず直径7・5センチが1080円(税込み)、同9センチが1300円(同)。わら縄、ロープは1本180円(同)。
 小島利夏さんさんの実演も行っており、日時は13、14、17、20、24、31日の午前9時~午後5時。
【写真説明】需要、製作ともにピークを迎えた津軽地方伝統のずぐり

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。