弘前市の木工品製造業「ブナコ」(倉田昌直代表取締役)がクラウドファンディングで資金を調達し、ワイヤレススピーカーを開発した。世界的に活躍するデザイナー佐藤オオキ氏が代表を務めるデザインオフィス「nendo」(本社東京都)がデザインを担当。19日から開催されるパリの国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に出品し、ブナコのさらなる魅力を世界に発信する。
 商品名は「BUNACO SPEAKER designed by nendo」。ブナコとnendo、オーディオ用電源や音響機器の開発・製造で実績がある平川市の「光城精工」(芳賀克之代表取締役)が共同開発した。
 商品は3月上旬に発売予定で、価格は12万円(税抜き)。
【写真説明】ブナコなどが開発したワイヤレススピーカー。インテリア性に優れたデザインに仕上がっている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。