弘前大学(佐藤敬学長)と県信用組合(中島勝彦理事長)は11日、地域社会の発展や産業振興などを目的に連携協力する協定を結んだ。弘大が金融機関と同様の協定を結ぶのは今回で6例目、同組合とは初めて。
 協定により、地域経済活性化、人材育成、産学連携の協力推進などについて、両者が持つ情報と人的資源を活用し、地域社会の発展と産業振興に取り組む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。