2016年度に県内の学校給食で県産食材を利用した割合は重量ベースが前年度比0・3ポイント減の66・2%、金額ベースが同0・4ポイント減の53・7%になり、現在の調査方法になった10年度以降ではともに過去2番目になった。台風の影響を受けて県産野菜が品薄になったことなどが前年度を下回る要因になった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。