五所川原市金木地区の嘉瀬スキー場ジャンプ台で、元五輪複合選手の古川純一さんが小学生を対象に指導する「ジュニアジャンプ教室」の開催に向け、古川さん本人や地元の金木ジャンプクラブのスタッフが整備を行っている。昨季は雪不足で開催できなかったこともあり、2年ぶりの実施に向けて関係者らは「ジャンプの楽しさを子どもたちに伝えたい」と力を込めている。
【写真説明】「ジャンプの楽しさを伝えたい」と、2年ぶりの教室開催に向けて雪を踏み固めていく古川さん(左)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。