板柳町少年少女発明クラブ(工藤明会長)主催の「冬の親子科学教室」が6日、町公民館で開かれ、参加者たちが実験などを通じて思考力などを養った。
 親子科学教室は、科学への興味を深めてもらおうと夏と冬の年2回開催されている。同クラブ顧問の野呂茂樹さん(75)が講師を務め、家庭でも再現できる実験や工作を教えている。
【写真説明】野呂さん(左)が考案した実験や工作を楽しむ参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。