ねぷた絵師として第一線で活躍し、昨年1月7日に惜しまれつつ81歳で亡くなった佐藤大節さん=弘前市=。一周忌に合わせ、佐藤さんの弟子らで構成する「津軽錦絵 節友会」(大瀬鳳節会長)は6日から、市まちなか情報センター2階で「佐藤大節遺作展・節友会作品展」を開催している。同会としての作品展も13年ぶり。会場では師匠である佐藤さんと、その魂を受け継ぐ弟子の作品がそろい踏みし、来場者を“大節ねぷた”の世界へ誘う。展示は8日(午前9時~午後9時、最終日は午後4時)まで。
【写真説明】会場には、佐藤さんが手掛けた極彩色の凧絵や見送り絵が勢ぞろい。来場者が亡き佐藤さんをしのんだ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。