青森市のアウガ1~4階部分の市役所駅前庁舎が4日、全面供用を開始した。2001年に複合商業施設としてオープンしたアウガだが、運営していた市の第三セクター「青森駅前再開発ビル」が経営破綻、解散し、商業テナントが入っていた1~4階は17年2月末に閉館。その後、小野寺晃彦市長が市本庁舎と柳川庁舎の窓口部門を同施設に集約することを決めたため、アウガは公共機能を中心とした施設として再スタートを切った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。