2018年の仕事始めを迎えた4日、三村申吾知事は県庁で記者会見し、今年一年の言葉として「経済」を掲げ「国内外から経済を集め、経済によって夢をかなえ、多様な働き方、生き方ができる青森県を目指したい」と抱負を述べた。中でも県経済をけん引する農林水産業について「引き続き“攻め”の姿勢で、成長産業化を推進したい」と語った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。