弘玄書道会(米澤小蘭代表)による新春恒例の社中展「第52回弘玄展」が2日、弘前市の中三弘前店8階のスペース・アストロで始まった。会員62人による漢字、仮名、漢字仮名交じり書など62点を展示。それぞれが持ち味を発揮した書作品が来場者の目を楽しませている。4日午後6時まで。
【写真説明】会員それぞれが持ち味を発揮した作品が並ぶ会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。