民間主導で東北の観光や物産を世界展開し、しっかりとしたビジネスになる仕組みをつくろうと発足した「東北インアウトバウンド連合」。始動して約1年となり、観光を切り口にこれまでの型にとらわれない幅広い活動を展開、国内外にネットワークを広げつつある。中核となる理事はいずれも東北に本社を構え、地元活性化に真剣なメンバーばかり。理事長を務める西谷雷佐さん(45)=弘前市=は「訪れた人が満足してくれ、通い続けてくれるような仕組みづくりを東北のスケールで展開する。どこに行っても楽しい、そんな東北にしたい」と意気込む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。