26日の県内は、発達した低気圧の影響で今季最強の寒波に見舞われた。津軽地方を中心に雪を伴った強風が吹き荒れ、ほぼ全域で真冬日となるなど厳しい寒さが猛威を振るった。人的被害や強風の影響による住宅の損壊などが確認されたほか、交通機関も大きく乱れた。
【写真説明】吹雪の中、ヘッドライトをつけて走る車が見られた=26日午後0時30分ごろ、弘前市内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。