本県日本海沿岸で北朝鮮からとみられる木造船の漂着が相次いでいる事態を受け、県危機管理局は25日、県庁で「漂流・漂着船等関係機関連絡会議」を開いた。青森海上保安部など関係機関との連絡体制強化を図った上で、国籍不明の漂着船や不審者上陸に備えるための対応マニュアルを早急に作成する方針を明らかにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。