生態系や農作物に影響を与える可能性が高く、近年目撃件数が増加しているニホンジカの対策として、県は25日、目撃報告が多い自治体で捕獲するための箱わなの設置を開始した。ブナなど貴重な生態系を持つ白神山地周辺の鯵ケ沢町、深浦町、西目屋村では来年3月23日までの実施期間中に、8頭の捕獲を目指す。
【写真説明】目撃件数が増えるニホンジカ対策として、県は白神山地周辺の自治体などで箱わなの設置を行っている=25日、深浦町追良瀬

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。