日本原燃が再処理工場(六ケ所村)の竣工(しゅんこう)を3年延期すると発表した。安全対策工事の追加を主因とするが、新規制基準適合性に係る審査が終盤にもかかわらず中断に追い込まれている以上、起因となった施設への雨水流入は容易に無関係と言えるものではない。核燃料物質を扱う施設の安全に疑義を抱かせかねないだけに、原燃の改善活動の実効性や地域の信頼に関わる事業者としての姿勢が問われることになる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。