22日は県内の多くの小中学校で終業式が行われ、児童生徒が2学期を振り返るとともに冬休みへの期待を膨らませた。
 弘前市の豊田小学校(全校児童387人)の終業式では、1年の女子児童が代表として2学期に頑張った事柄を紹介。朝マラソン、縄跳び、算数の三つを挙げ、「努力は大事だと思った。これからも努力を続けてできることを増やしたい」と元気に発表した。
 県教育委員会によると、この日は県内8割の小学校と9割の中学校が終業式を行った。3学期は多くの学校で来年1月15日に始まる。
【写真説明】2学期では最後となる校歌を歌う豊田小児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。