県教委は21日、県内公立学校の小学5年と中学2年を対象に実施した今年度の学習状況調査の結果を発表した。県教委学校教育課は小中ともに、基礎的・基本的な知識・理解・技能についてはおおむね良好な状況とし、「知識や技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力などは前年に引き続き改善傾向にある」と分析している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。