22日は二十四節気の一つ「冬至」。北半球では太陽の高度が一年で一番低くなり、最も昼が短く、夜が長くなる。冬至には寒い冬を無病息災で乗り越えられるようカボチャを食べる習慣があり、前日の21日は弘前市内のスーパーマーケットでカボチャを買い求める市民らの姿が目立った。
【写真説明】カボチャを品定めして買い求める市民ら=21日、いとくアルカディア店

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。